2014年05月26日

2014年6月15日(日)は父の日>ギフトは「天狗ハム こだわりセット」"父といっしょに"創業のエピソード――

:楽天限定の天狗ハム「こだわりセット」(送料込み)

 【ササミグリーンペッパー】と人気のウインナー
 【ハーブウインナー】【レモン&パセリウインナー】
 【ガーリックウインナー】に、【本生サラミ】が入った
 当店一押しセット。

本
 ハム一筋67年:天狗ハム 楽天市場店
 当店の歴史 ~天狗中田創業のエピソード~
 tengu04.jpg
 当社の創業者中田岩次郎の伝記が、小学校の教科書に掲載され
 石川の子供たちに読まれています。(中略)
 以下に、天狗ハム本社に立つ中田岩次郎の銅像と教科書の
 文章・挿絵をご紹介いたします。
 ---------------------------------------------------------------------
 『天狗と肉』「みんなのどうとく」五年 石川県版 学研刊
 ---------------------------------------------------------------------
  中田岩次郎は、明治二十七年三月、能美郡安宅町で生まれました。
 父の岩次は、船で荷物を運ぶ回船業をいとなんでいました。ところが
 明治二十九年の大雨で、家と倉庫を失い、さらにその後。五百石積みの
 持ち船が、事故にあってこわれてしまいまた。

 岩次は、回船業を続けたいと思いましたが、ちょうどそのころ、北陸本線
 が開通し、鉄道で荷物が運ばれるようになったこともあって、岩次郎が
 十四歳になったとき、金沢で肉屋をはじめました。それで、岩次郎も
 中学校を二年でたい学して、店の手伝いをするようになりました。

 この当時は、成せきがゆうしゅうでないと中学へ進めなかったので、
 受け持ちの先生はたいへんに残念がり、たい学を思いとどまるようにと
 いわれました。
 img02787009.jpg
 「先生、ありがとうございます。わたしは、父といっしょに肉屋をします。
 そして、日本一の肉屋になります。」と何度もお礼をいいました。
 「そうか、残念だな。金沢に行ったら、しっかりがんばれよ。」 
 先生は、岩次郎のかたに手をおいて、はげましてくださいました。

  肉屋をはじめた岩次郎たちにとって、大きな問題が二つありました。
 つづきは、天狗ハム楽天市場店>天狗中田創業のエピソードで≫
posted by 👥Understudy at 17:00| イベント・週間 | 更新情報をチェックする