2015年06月29日

予言的中!◎連対!【宝塚記念】結果論:シップ有馬がラストラン…回顧

#ゲート先入れのゴールドシップは、横山 典弘騎手に最後方でポツンと
 置かれるはず。
…予言どおりに不条理


 2015年6月28日(日) 阪神競馬場 芝・右 2200m
 宝塚記念(G1)定量

結果 ~回顧(結果論)

1着:…[8枠](16)ラブリーデイ 牡5
 今年6戦目で、G2大将かと思い軽視。位置取りと展開に恵まれた。

2着:予想◎[3枠](6)デニムアンドルビー 牝5
 G1初制覇はラブリーデイに譲ったが、強い競馬をしたのはこの娘です。

3着:…[1枠](1)ショウナンパンドラ 牝4
 阪神未勝利に乗り替わりで軽視。立ち回りの差で秋華賞(GI)馬の意地。

―
5着:予想○[6枠](11)ヌーヴォレコルト 牝4
 56kgの斤量で5着は、堅実に走れている。パワーアップが課題。

8着:予想▲[7枠](13)ラキシス 牝5
 シップより残念だったのはこの娘。前走大阪杯(G2)は未だ馬券絡み無。


#先入れのゴールドシップは、ゲート隣のトーホウジャッカルを噛むために
 一度立ち上がり、二度目で大きく出遅れ。レース中も、横山 典弘騎手の
 無気力騎乗で、見せ場なく終了。これで25戦を消化し、秋は有馬記念を
 目標に立て直しですが、ご存じのとおり中山競馬場は、水ハケが良くなり
 シップが得意の馬場状態になるか疑問。ここがラストランの可能性大。

楽(E)勝  BIGJOB

ゴールドシップの出遅れはなぜ起きた|コラム|スポーツナビ
http://sports.yahoo.co.jp/sports/other/horse/2015/columndtl/201506280007-spnavi
タグ:競馬
posted by 👥Understudy at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする