2015年03月16日

フィリーズレビュー GII 回顧 #クールホタルビに騙された1400mスペシャリスト説。距離短縮説が正しい。

土曜日、良馬場の阪神1400m小回りコースを、先行して勝利した
コナブリュワーズは特別で、やっぱりヒントにならなかったようだ……


2015年3月15日(日) フィリーズレビュー GII - 予想の結果~回顧

1着…[8枠](17)クイーンズリング 新馬1着→前走菜の花500万1着
 無傷の3連勝。戦績2戦の少ないキャリアに、-20kgの馬体減りで
 うるさくうつったが、後方から差し切り、何事も杞憂に終わる。
 ただし本番までお釣りは無さそう。

2着…[7枠](13)ペルフィカ 白菊賞500万2着→前走こぶし500万1着
 追い込み一手の差し馬。1400mは短いと思ったのですが、-6kg減の
 424kgは本番仕様でした。2月に1走しており上積みは無いかと。
 #ファン(GIII)1400mの勝ち馬クールホタルビに、差し届かず8着
 負けており、やはり1600mの方が良さそう。重賞レベルではない。

3着…[5枠](10)ムーンエクスプレス 秋明菊500万1着→前走阪JF(GI)4着
 阪JF(GI)組で最先着の4着馬が意地を見せ、唯一先行勢で残った。
 この馬も418kgで馬格が無いので、本番前に仕上がっていたようだ。
 #ファン(GIII)1400mの勝ち馬クールホタルビに、同位置にいながら
 5着
と負けており、1400mはギリギリか。坂は苦にしない根性はある。


4着[7枠](14)スマートプラネット 阪JF(GI)6着→前走デイQ(GIII)12着
 1400mは4戦2勝2着2回で100%連対。もう少し前で競馬がやれて
 いれば際どかっただろう。雨による渋化も無かったのも残念。

12着[7枠](15)ダノングラシアス 阪JF(GI)13着→前走デイQ(GIII)11着
 1400mは3戦1勝2着2回で100%連対。勝ち馬と同じ父を持つ、
 もう一頭のマンハッタンカフェ産駒。福永 祐一騎手に乗り替わり、
 中団の位置から、追い込みの脚に期待したが、前走で燃え尽きていた。
 #ファン(GIII)1400mの勝ち馬クールホタルビに、2着と迫った馬だが、
 どうやら乗り難しい馬なのだろう。まだ重賞レベルではない。

16着[2枠](3)コートシャルマン 阪JF(GI)10着→前走フェア(GIII)4着
 1400mは2戦2勝でパーフェクト。上がりを要求されるレースでもない、
 得意な流れだったが、はじけなかったようだ。岩田 康誠騎手が可哀想。
 良血だけに人気もするが、実力はこんなものかも知れない。


#前走500万1着馬や、クールホタルビに負けた馬が、馬券圏内に入り、
 改めてファン(GIII)1400mは、ただ嵌っただけと思わざるを得ない。
 阪JF(GI)組も上位馬が活躍。距離短縮説が正しい。…は正解した。


タグ:競馬
posted by 👥Understudy at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック