2015年09月22日

結局は“行った行った”の競馬…回顧【 セントライト記念 】結果論:菊花賞を見据えては……

トライアルでも先行馬に考慮を払うべきである……

 セントライト記念(G2)| オープン 馬齢
 2015年9月21日(月)| 中山競馬場 | 芝・右・外 2200m


回顧/結果論

…快勝
1着:…[7枠](13)キタサンブラック (栗東) 前走 ダービー(GI)
 関東ばかり使われる関西馬。2番手追走からの抜け出しは得意。

…3/4馬身差
2着:…[3枠](4)ミュゼエイリアン (美浦) 前走 ダービー(GI)
 毎日杯(G3)勝ち馬。距離不安も展開に恵まれた。今後は穴馬で。

…アタマ差
3着:…[2枠](2)ジュンツバサ (美浦) 前走 3歳上500万1着
 気になる古馬との条件戦の勝馬。(父)ステイゴールドで中山を克服。


6着:予想○[6枠](10)タンタアレグリア (美浦) 前走 ダービー(GI)
 距離不足。左回りの方が向いている。成長力足りず本番では苦しい。

8着:予想◎[7枠](12)ブライトエンブレム (美浦) 前走 皐月賞(GI)
 久々のせいか見所無く終了。瞬発力は無いが、本番ではマクリそう。

10着:予想▲[4枠](7)ミュゼゴースト (美浦) 前走 ラジオNIKKEI賞(G3)
 得意の中山に期待したが、前走は同世代のアンビシャスに負け過ぎか。


#展開だけとは言え、ハマれば春の実績馬は強い。菊花賞を見据えての
 競馬をした馬は届きません。関西馬が人気を裏切る予想は的中するも、
 気になる古馬との条件戦の勝馬を拾えなていなかった。


タグ:競馬
posted by 👥Understudy at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック